モンスターハンターフロンティアとは?

モンスターハンターフロンティアとは、2007年7月5日より配信が開始された、Windows用オンラインゲームでMOの要素のアクションロールプレイングゲームの一つです。最近では、ネットを通じてそのまま登録しオンラインゲームをプレイする事ができるようになりました。

モンスターハンター2をベースにし、インターネットを活用したギルドシステムにランキングモード、一度に30人のプレイヤーが入室可能なビジュアルロビーもあります。

Skype等のボイスチャットのサポート等の新システムの実装、新規武器や防具、モンスターハンターポータブル2の武器や防具、マイギャラリー、マイガーデン、提携企業のタイアップキャンペーンの防具や武器等も数多く登場しています。

モンスターの方は「ヒプノック(原種/繁殖期/希少種)」をはじめ、「ヴォルガノス(原種/亜種)」「エスピナス(原種/亜種)」「アクラ・ヴァシム」が追加されました。
マップは「樹海」が追加されており、以後も長期的な新システムの実装を計画されているそうです。

モンスターハンターフロンティアをプレイする際、Core 2 Duoを搭載したPCならば、クライアントを二つ同時に起動してモンスターハンターフロンティアをプレイすることも可能だったりします。
また、エリア間のロード時間はHDDインストールに対応した事で、モンスターハンターシリーズ最速を誇っております。


▲TOPへ

モンスターハンターフロンティアからの新実装

モンスターハンターフロンティアだけでの新要素を見てみましょう♪

猟団システム(モンスターハンターフロンティア開始当初より)
モンスターハンターフロンティアの旅団は、他のオンラインゲームの「ギルド」に相当し、プレイヤー間で自由に組むことができます。猟団ランクというレベルが存在されます。モンスターハンターフロンティアの世界では、ギルドに新人さんを迎え入れてくれるところが多く存在しており、ギルドに属せば先輩ハンター達が優しく教えてくれると思います。

マイギャラリー(モンスターハンターフロンティア開始当初より)
モンスターから剥ぎ取った素材やお金を使って購入した家具で部屋を飾ったり、配置したりすることができます。「ギャラリー大会」という大会に出場し、一定のポイントを得ると賞品として特定のアイテムを入手できるようにもなります。

セレクティブクエスト(2007年11月7日より追加)
クエストの成功報酬が経験値(ハンターランクポイント)と報酬金額(ゼニー)のどちらか多い方を選ぶことができます。しかし、モンスターハンターフロンティアシーズン2.0以降ではエスピナスや、アクラ・ヴァシム等のクエストで比較的多めにもらえるようになったので、ちょっと意味がないクエストになっていたり・・・(^-^;)

追加アイテムボックス(2007年11月7日より追加)
従来のアイテムボックスと分けて第2のボックスとして4ページの倉庫枠が設けられました。さらにシーズン3.0にてスタック数はモンスターハンターポータブル2Gの約2.5倍となる250に増加されました。

マイトレ(2008年1月30日より追加、2008年4月23日から一部の追加要素あり)
管理人NPC3人のうち、だれか1人と親しくなることで便利な機能が利用できるようになります。マイトレポイントを消費することで、猟団単位でしか飼えなかったプーギーを個人飼育できるようになったり、アイルー広場の拡張が行えたりします。

ギルド特別依頼
特定モンスターの討伐等によって、特殊なアイテムが報酬として入手できます。モンスターハンターフロンティアでは、このギルド依頼でしか手に入らないアイテムもあります。

新規に追加された武器防具及び装飾品
「SP武器」や「SP防具」、「SP装飾品」・「特殊リーチ武器」等、新規の装飾品Gシリーズが追加。
「SP装飾品」は複数の防具や装飾品を組み合わせて取得していたスキルを1つで使用できます。モンスターハンターフロンティアの目玉ですね。これらの生産素材にはHR100以上のクエストで採取できる草、HR100以上で狩猟できるボスモンスターの「変種」から取れる素材等が必要になっています。

pickup

Last update:2017/2/16

▲TOPへ